カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

さよなら、田中さん

time 2018/10/20

さよなら、田中さん

併読しかけたけれど
「さよなら、田中さん」にのめり込んで
先に読んでしまいました。

貧しい母子家庭で育つ小6女子の目を
通して描かれていて、笑いと涙の文章。
でも、お涙ちょうだいの文章ではなく
明るくでもリアルさも伝わってくる。

毒親についても
嫌味なく、素直な子どもの目で書かれてあります。

この本を14歳の鈴木さんが書いたこと
それに胸キュンでした。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

人間関係

犬との暮らし

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031