カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

映画「もうろうをいきる」を観てきました

time 2017/10/19

映画「もうろうをいきる」を観てきました

「もうろう」というのは
目が見えず、
耳も聞こえない重複障害をおった人のことです。

私は10年ほど前に
「ゆびさきの宇宙」という本で盲ろう者で東大教授の
福島智さんのことを知ってから関心を持つようになりました。

誰かに触れていないと存在自体が危うい状態。
福島さんは映画の中でこんなふうに言われていました。

IT化が進み
「見る聞く事」がより便利になる中、
それらが閉ざされた状態は牢獄に居るのと同じ

本当にそうなんだろうなぁ…と思います。
その立場に立つことは到底できないけれど、
せめて関心を寄せ想像することを忘れないでいたい。
そうすることで
コミュニケーションの窓は閉ざされずに
つながっていられる…と信じたい。
そんな思いになりました。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

ワークショップ

中年の季節

人生

自己表現

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930