カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

ワンランク上…という表現が漂わせるいやらしさ

time 2017/09/27

ワンランク上…という表現が漂わせるいやらしさ

「ワンランク上の…」という
婦人服のキャッチフレーズ
新聞広告で見つけました。

一昔前よく聞きましたね
この「ワンランク上」という表現。

上とか下とか特別感をアピールする
このフレーズに違和感を感じるのは私だけかなぁ?
…とFBにアップするとコメントがありました。

お二人のコメントと私からの返信
転載します。
————-
Mさん:ここにもいますよ(笑)
時代は今、降りていく生き方にもゆっくり、
向かっていると思っている私だからかしら…。

私:差をつけて優越感….
ソレって違うよね、
と思う人は確実に増えてますよね。

—————-
Aさん:上質なって素直に使う方が素敵よね。
この言葉が今はいやらしく感じる。
作り出された流行と一緒に乗った言葉って、
不自然に劣化するもんだなあ。

私:「いやらしく」….そうなんよ。
そう感じるんよ。細かいことかも知れないけど
スルーできず喉に小骨が引っかかった感じがして、ツィートした。
「上質な」って表現は、ホント素直でスンナリ入ってくるね。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

中年の季節

人間関係

自己表現

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031