カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

どうせ死ぬのになぜ生きるのか(2)不安の扱い方

time 2017/04/13

どうせ死ぬのになぜ生きるのか(2)不安の扱い方

カウンセリングの中で
不安を訴える方は多いです。

辺りを見渡すと
みんな楽しそうにイキイキして見える。
なのに私は…。

…と孤独を伴う不安もあります。
カウンセリングを受けられる方に限らず
全く不安なく生きる人はおらず
みんな不安を小脇に抱えながらの
日常だと思います。

過去や未来に縛られない
「今ここ」に居続ける
ということが必要

…とこの本には
当たり前のことが書かれています。

でも私たちはコレを忘れがちです。
そこで
この考えを持続させる考えを
この本でみつけました。
それは
仏教でいう「無智」という考え方です。

「無智」=「無常」を知らないこと

「無常」というのは
世の中の物事は一時も留まることはない。
起きることはすべて新しいこと。
同じことが繰り返されることはない。
どんな感情も人間関係も
変わり続ける流れの中の一局面に過ぎない。

へ~
まあまあ
そうだなぁ…。

そして私たちは不安な気持ちを抱えて
沈んでいる時、
未来予測をしていること自体
意識できていないことが多いです。

気持ちの安定は
まず、未来予測に気づき
ストップすることから。

では、その後
どうすればいいの?

仏教では「行」がおススメとのこと。
写経や瞑想、日々にルーティン行動を入れる。
(興味のある方は一読して下さいね)

私の場合なかなか
上記のことは続かず
感情が押し寄せてきたら
▼このようにしています。

未来予測していることに気づいたら
それをストップさせるため
▼まず感情を横に置く。
(1)イメージの中に感情を入れる箱をつくります。
(2)そこに不安を入れます
(感情がなくなると、心はシ~ンと鎮まり
冷た~くなります。これで、ひとまずストップ)
▼その後
(3)日常のしなければならないことに行動を移します
単純でもいい
いや単純な方がいい。
(とにかくその行動に集中します。
私の場合、不安な時はその感情に覆われ、しなければならないことが
なおざりになっていることが多いですから)

心地悪い感情が押し寄せて来た時
自分スタイルの頓服を取り出せると
心強いものです。

パートナーや友人を頼りにするのもいい。
でも、自分の中のもう1人の自分を
頼りにできると気持ちが安定します。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




カウンセリング

犬との暮らし

自己表現

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031