カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

「今を生きる」のが難しい理由

time 2015/12/03

「今を生きる」のが難しい理由

「今を生きる」というのは、映画のタイトルになったぐらい誰もが知るフレーズです。「今を生きている」と思えるくらいの毎日を過ごせたらどんなにいいかと思いますが、それが難しいのが人生かもしれません。

そう思う人の中でも
「今を生きる」のがいつもいつも難しい…と感じながら生きている人には共通する傾向があります。

また
「過去のことを思い悩まず、未来のことを憂い過ぎず、何気ない“今”を豊かに感じる人」にも共通していることがあります。

このことについて心の辞書に綴ってみました。

こころの辞書サイドバナー

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

ワークショップ

中年の季節

人間関係

カウンセラーの紹介

足立 かよ子

足立 かよ子

気づきを拾いながらの日々、忘れてしまいそうなことも誰かと分かち合えることで豊かな生き方につながれば…という思いで綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031