カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

死んでしまうことを想う…時々はしてみよう

time 2016/08/31

死んでしまうことを想う…時々はしてみよう

今朝メールチェックをしていたら
FBで友だちになっている人の
お誕生日のお知らせが来ていました。

既に亡くなっている方のものです。
同性で同じ年の
ある期間一緒に仕事をしたことのある方です。

亡くなってから5年ほどになるのかなぁ。
40代半ばで
入院して1ヶ月も経たずに亡られました。
驚きと悲しみが押し寄せたことを思い出します。

私もいつかは死んでしまう。
それが明日かもしれない。

それを想いながらも
「あと20年くらいは働こう…」などと
勝手に都合よく考えている自分も居ます。

また、
もうこんな歳なのだから
これに取り組むのは遅いかも…など
年齢への抵抗を感じることもあります。

年齢相応の自分も大切だと思いながら
年齢にとらわれることで動きが鈍るのは
違うんじゃないかと思ったりもします。

例えば
25歳の人が
「平均寿命を考えるとまだまだ時間はある。
  これをするのはもっと先でいいか」と
大切なことを後回しにして
間もなく亡くなることもある。

一方60歳の人が
「人生の長さを考えると
  もう現役で動ける時間はわずかだぁ」と
したいことをあきらめたにもかかわらず
100歳まで生きることもある。

そう考えてみると
年齢を全く考慮しないで
居ることはできないけれど、
考え過ぎて動き出さないことで
後悔することもあるよなぁ…と。

じゃあやっぱり
林先生が言うように
やるのは
“今でしょ”ってことになるよなぁ…と。

今朝は亡くなった方の
誕生日通知から
こんな思いが広がりました。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

人生

子育て

犬との暮らし

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31