カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

どうせ死ぬのに なぜ生きるのか

time 2017/04/10

どうせ死ぬのに なぜ生きるのか

精神科医 名越康文氏の著書。
数年前に一度読んで、
また数日前、目に止まり再読中。

初めてこのタイトルを見た時、
私と同じようなフレーズを
つぶやく人がいるんだぁ~と、
即購入したのを覚えています。

「必ず死ぬのに…」とか
「絶対死ぬのに…」でなく
「どうせ死ぬのに…」の
「どうせ」がポイント。

自分の意思で生まれて来たのではないのに
意思に沿わない嫌事がたくさん起こる…
「なんてことなの~!」
…と叫びたくなることもあります。

この本はそういうことを前提に、
悩みは多いけど
「どうせなら、工夫して生きて行こうよ」
…と応援歌のような内容を仏教心理学を
ベースに分かり易く解説されていました。

この本が話題になった一時期より
不安を抱く人がいっそう増えたように
感じます。

20年後には現在の職業の約半分が
AIに取って代わられる…という
ニュースを受け、戦々恐々としながら
生きる私たち。

「そ~んなことまだまだ先だわぁ」
…と一蹴できない現実が
日常のそこここで起こってますからね。

大型スーパーのセルフレジ導入からは
ずいぶん経ちましたし

TSUTAYAのレンタルもついこの間まで
レジスタッフが2~3人居たのに、今は一人。
初めは不慣れな私たちも
ブツブツ言いながら変更に応じています。

10年後、
現在では想像もつかないような機械化が
進んでいるのだろうなぁ?
「その頃、私はどうなっているのだろう?」
年金は?
税金は?
なんて未来予測が不安を掻き立てるのかもしれません。

こんな不安を鎮める方法はないものか?
あなたはどうしてますか?

私なりの鎮め方
次のブログに綴ります。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

ワークショップ

中年の季節

人間関係

カウンセラーの紹介

足立 かよ子

足立 かよ子

気づきを拾いながらの日々、忘れてしまいそうなことも誰かと分かち合えることで豊かな生き方につながれば…という思いで綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031