カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

人間関係が苦手という方、黒っぽい服を着ること多くないですか?

time 2016/07/15

人間関係が苦手という方、黒っぽい服を着ること多くないですか?

黒のポロシャツに黒のパンツ
暑そう~(>_<)
今朝見た娘の外出すスタイルです。
21歳の彼女の腕はもちろんピチピチで
よく言う弾けんばかり♪

50歳になる私は、もう黒を着るのは難しい。
服の色が反射して顔のしわやシミが目立つからです。

この黒という色
ちょっと曰くつきです。

色のイメージが内面を表すことがあるからです。
黒は中のものをあからさまにしないことから
コミュニケーションブロックの色ともいわれます。
黒づくめなら尚のことです。

ピンクなら女性らしさを
青なら誠実さを
…など色にはそれぞれを象徴する意味があります。

黒は、威厳やキャリアの高さを表す一方
拒絶も感じさせるのです。

もちろんアクセサリーやデザインによっては
大いにおしゃれ感を出せる色でもありますし
若者が黒を着るのは
自分を大人びて見せたかったり
親の干渉をさけたい思いも含まれることがあります。

そんな黒の意味を考えながら思ったのは、
黒づくめでない人であっても
自己表現が少なく、おとなしめの人は
それと似た印象を与えやすい…ということ。

つまり自分の思いを抑え過ぎている人は
「わかりにくい」印象を与え
拒絶を感じさせてしまうこともあるのです。

カウンセリングでお話しを伺っていて
人間関係が苦手…とおっしゃる方の中に
この傾向が強い人がいらっしゃいます。

仕事は一生懸命なさって
とてもまじめなのに
職場になじめない。

仕事自体ではなく
ランチの時間やお茶の時間になると
孤独を感じてつらい。
そして居づらくなる。

知らず知らずの内に
心の中で黒をまとって
気安い関係を築きにくくなる。

自信の無さからくるもので
ご本人は
拒絶の意識などないかもしれません。

でも、振り返ってみると
私もそんなふうに見られているかも…という方
一度こちらをご覧ください。

どうして、そのように振る舞ってしまうのか?
そしてどうすれば自信を育てられるのか?
ヒントを見つけてくださいね。
>>> 自信はこうしてつくられる

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930