人生

どうしようもなく落ち込み、動けない時に試して欲しいこと

たった今、どうしようもなく落ち込んでいる....という人への提案です。誰かに相談してもどうにもならないとわかっている。自分でなんとかしないと!....と焦るけれど、どうしようもない。そんな状態から抜け出すための「行動優先・感情放置」という考え方について
自己との対話

・一人を孤独と感じたら、それが始まりの時

一人は孤独で寂しいのか?孤独で寂しそうだと思われるのが嫌なのか?いろんな思いが湧く「孤独」というワード。そんな孤独は実は、特に大人になると必要なひと時であることについて綴っています。
コミュニケーション

咄嗟の振る舞いは改善できる

◆2021年12月のメルマガからの抜粋 どんな時にその人の本当の姿が表れるのか? 日頃は落ち着いて、威厳があるように見える人が 何かトラブルが起こった時、我れ先に逃げたり、感情的な言葉を発する....そんな場面に出くわしたことはないです...
コミュニケーション

「人生のツケ 」を清算するということ(1)

「どうして心がスッキリしないんだろう?」「どうしてこんなに心が窮屈なんだろう?」「どうして思うように話せないんだろう?」特に大きなトラブルがあったというわけでもないのに・・・。ふとした時に心の不自由さを感じる人。常に感じつつも日常の雑務...
コミュニケーション

・私はいつも馬鹿にされる…という感覚への向き合い方

「馬鹿にされたな」という感覚、たまに持つことは誰にも経験はあると思います。でも、この感覚を常に持っていることは、生きづらさにつながります。こちらでは、なぜその感覚が強いのか?、どう向き合えばいいのか?について提案ししています。
コミュニケーション

・友だちが欲しい

たくさんは要らない。 気持ちを分かち合える…ほんの数人でいい。 飾らずに 思ったことを 思ったように口にできる間柄。 そんな関係の友だちが居たら 人生の歩みは心強く、豊かに感じられますよね。 しかし、希望どおりには行かず 社会人になってから...
自己との対話

・自分を知る方法(投影)

嫌いな人は、実はありがたい人の一人だったりします。それは、相手を通して自分を知ることができる....という点もその一つです。相手に映る自分について投影という視点でお伝えしています。
人生

・苦しみがチャンスに変わる視点(創造の病)

・自身の病み ・夫婦の病み ・親子の病み ・家族の病み ・職場での病み 受け容れがたい病みの部分を抱えながらも生き続けなければならないことがあります。でも、それが抱えきれないほど大きくなると、人生を放り出したくなる。生きているとそんな道の...
コミュニケーション

・身動きが取れなくなるメッセージ…(ダブルバインド)

言っていることと、態度が逆になっていて、言われた側はどうしたらいいかわからない。飲み込めないメッセージに違和感が湧く表現。  ・「怒らないから正直に話しなさい」と言いながら顔は怒っている ・「大丈夫です」と言いながら苦しそうにしている ・「...
子育て・親育ち

・シングル子育ての父親スイッチ

「片親」という表現は最近使われなくなったかもしれません.…でも、まだ根強く残っているように思います。「片親」という響きは、「両親そろった子育てが一番」「シングルの子育ては、養育に欠けた部分ができる」などの悲観的な考え方を想わせます。そのため...
子育て・親育ち

・一人っ子を育てること

出産回数一回の私が育児中抱えていた心配、それは「一人っ子では寂しい思いをさせてしまうのではないか?」ということ。4人の子どもがいる妹家族の賑やかな様子をみていた影響もあるのでしょうが、多くの一人っ子のママが思うことではないでしょうか? 「一...
コミュニケーション

・危険な関係…一極集中型のつながり

  危険な関係というと、なんだか男女間の危ない関わりを想像してしまいそうですが、ここでは関係そのものというより、ある特定の人とだけつきあいを深めている状態を指しています。 人間関係を振り返ると  ・ 学生時代からの友だち ・ 趣味の友だち ...
コミュニケーション

・居場所づくりに意識したいこと

(2021.11のメルマガより抜粋) 「居場所、特にないですねぇ」     ・     ・     ・ これは人間関係のご相談の中で ある女性がフッ…と漏らされたひとことです。 カウンセリングが終結してから3年半が経つ...
コミュニケーション

・疲れない関係づくり(つながり方の質)

「周囲の人とはどんなふうにつながっていますか?」と問われ、 あなたはスグにこたえられますか? 人間関係には欠かせない「コミュニケーション力」については、書籍やネットでも数えきれません。「コミュ障」というワードも浸透し、コミュニケーション...
コミュニケーション

・軽やかに生きるために確認しておきたい捉え方のクセ

誰もが持っているものの捉え方のクセ。 それそのものが良い・悪いというのではなく、自分のクセを知るだけで意外にも肩の辺りが軽くなる感じがします。 ひとつの事象に対して ・ポジティブに捉える人。  ・ネガティブに捉える人。 ...
コミュニケーション

・自分らしさを支え、育てる存在

「自分らしく居られるのは~~な時です」 …と言える人はどのくら居るのでしょう? 言えたとしても、そうして居られるのはどのくらいの時間なのでしょう? 自分らしさを意識するのは難しいように思います。 そして、自分らしさなど何も考...
コミュニケーション

・「何でもいい」「どこでもいい」という態度が示すもの

何食べたい? →「何でもいいです」 どこ行きたい? →「どこでもいいです」 こんなやり取りをしたことはありませんか? 「今日は、何でもいい」 「今日は、どこでもいい」 …とは違う、 いつ聞かれても 「何でもいい」 「どこでもいい」の...
性格

悩む人は深い人

人間関係が苦手 仕事が続かない ネガティブ思考 自分はこんな人間だから 人生うまくいかなくても当然だ。 そう思いつつ 何とか自分を変えられないものか....と 性格改善を願う。 もちろん 適度な人間関係...
人生

自責と後悔の繰り返しから抜け出したい

どうせダメだ やる気がでない がんばってもムリ どうしていつも私はこうなんだろう。。。 …と自分を責めて落ち込んでしまう。 こんなことはありませんか? 自分を受け容れるとか 好きになることが大切だとか そんなこと...
人生

生きるとは…を具体的に

「生きるとは」について思い巡らせる時というのは、イキイキ活動できていないことが多いです。物理的か精神的、またその両方で引きこもっている自分を感じ、今を生き切れていない状態です。 「生きる」というのは、「表現する」こと 表現して、その...
タイトルとURLをコピーしました