%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%92%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%8b

人間関係が苦手
仕事が続かない
ネガティブ思考

自分はこんな人間だから
人生うまくいかなくても当然だ。

そう思いつつ
何とか自分を変えられないものか….と
性格改善を願う。

もちろん
適度な人間関係を持てるに越したことはない。
一つの仕事を続けられるに越したことはない
ポジティブに考えられるに越したことはない。

しかし、
カウンセリングを続ける中で私は
即変化を試みなくてもいいのではないか?
…と思うようになりました。

それというのも
「自分を変えたい!」と願う方とお会いするうちに
その方たちが
思い通りにいかない中
人生を進めていること自体
生きる力のある人だ…と感じるようになったからです。

寄り道しながらも…ドラマティックに

うまくいっている人が楽しく過ごせるのはある意味当然です。
でも、そうもいかない人が悩みつつ、
寄り道しながら歩むその過程は
その方の人生をその方なりにドラマティックに生きている
…と思うようになったのです。

来談下さる中の半分以上の方がノートやファイルを持参されたり、
REBORNからの資料をしっかり読まれ、質問や確認をされます。
一人で考え悩み、試行錯誤される様子が伝わってくると共に自己開発への意欲を感じさせられます。

誰とでも仲良く
どんな時も明るく
….も大切かもしれない。

でもそうできない資質を自覚して
日々の歩み方を考え創造していくのも味がある。
そう捉えられると
悩みなくサラッと生きるよりも
人生に深みさえ感じるのです。

悩みは深み…

そんな深みがある自分なのだと受けとめ
今後
「希望する自己イメージ」と
「自分に期待する行動」
を一致させる「小さな勇気」に心を向けてみてはどうだろう?

例えば
・セミナーや講演などで空いた席に座る時
 そばの方に「お隣よろしいですか?」と声をかける
・バスを降りる時
 運転手さんに「有難うございました」と声をかける
・白杖をつく人が困っているのを見かけた時
 「何かお手伝いできることはありませんか?」と声をかける

日常のこんな場面で自分はどんな行動をとるのか?…というのも
思考と行動の一致と捉えると思い浮かべる「小さな勇気」はたくさん出てきます。

「小さな勇気」を重ねることで私たちの資質はどんどん広がりそうです。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです