5c164dcded8ce87c1ac6467a125fb41f_s
旅行に出る時、あなたはどんなふうに計画をたてますか?

スケジュール管理を完璧にして出かけられる方、行き当たりばったりを楽しまれる方、個性が表れます。

全てに抜かりなく計画を立てることで存分に楽しめたり、また綿密なプランを立て過ぎた為ハプニングによる時間のズレにイライラしたりすることもあるでしょう。逆に大して調べもせずアバウトな準備で出発し、面白いイベント開催を知らず参加できなかったり、またアバウトだったからこそ予期せぬハプニングを楽しめたり…と一概にどちらのタイプがいいともいえません。

そんなことも踏まえ、人生を旅ととらえ「計画的偶発性」という視点でみていきましょう。

人生の8割が偶然?

これは、スタンフォード大学 教育学・心理学教授クランボルツが提唱しているプランドハップンスタンスという理論です。「人生の8割は予想しない偶発的なことによって決定される。その偶然を計画的に設計し、自分の人生を良いものにしていこう」…という、より良い人生へのアプローチを促す考え方です。

「人生の8割?」…高い比率とも感じますが、振り返ってみると納得できる数字です。

例えば
「あの人と出会わなければこの会社には再就職はなかった」「あの時、道を間違えなければこの人とは結婚しなかった」とか。

その時点では大したことでなくても、後から振り返ってみると人生の分岐点になっていることは誰にもいくつかは頭に浮かぶと思います。

また目の前のことがうまくいっていない時、それがより良い道への分岐点としても、良い結果に結びつく自分を想像できないことが多いです。しかしながら、そういう時にこそこの視点で人生を捉えることができるとどうでしょう?「この件もあとから考えると“よかったと思えること”につながっているかも」と意識を向けられると人生の変化につながります。それは、ネガティブな感情を抱えている時間が短くなり、前向きな思考へと導かれやすくなるからです。

自分の進化を信じて目的(人生を楽しむこと)への道をたどる

たどり着く道中(過程)は楽しいことは少なく地味な道かもしれません。ひとっ飛びには到着しないし面倒臭くなったり、疲れ果てることもあるでしょう。

それでも計画通りに行かない人生の中に隠れている“実は素敵なもの”を発見したい!そんな姿勢で自分への興味・関心を持ち続け進むことで何かが少しづつ変わり始めます。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです