f157251c72cafb1542af36151665e17b_s
タイトルをご覧になりどういう意味かわからない方もおられると思います。
これは、ACに気づく年齢によって抱く感覚の違いについて綴ったものです。

アダルトチルドレン(AC)について知識を得ることで気持ちが楽になる人とそうでない人がいます。苦しくなる原因の一つに中年期以降の方がACを認識した場合があります。
20代や30代前半ばでこの事実(自分がACであること)を知った時の思いとちがい、人生後半に入っている方が認識した場合の心の動揺が違うと感じるからです。

子育ても中盤に入り自分の生きづらさだけではなく、子どもへ「生きづらさ」を連鎖させている事実を感じる方が多くいらっしゃいます。

生きづらさの原因がわかったことは、今後に光を見出すきっかけになります。しかし、自分が親から受けたような影響を自分自身が子どもに与えてるかもしれない…と知った時のショックは大きいのです。
途方にくれるかもしれないでしょう。そして、これから子どもにどう接したらいいのか?と戸惑うこともあるでしょう。

あなたの変化が子どもの変化につながる

初めは開けてはいけない箱を開けたように、「知らなければ良かった」…と感じるかもしれません。
しかし、事実を知りそれを受け容れ、人生に良い変化を起こしたい…と希望を抱いた時からあなたの人生もお子さんの人生も変化の道を辿ります。

知らない苦しみは長く続きます。しかし知った後、変化に伴う苦しみは永く続くことはありません。まずはご自身が人生を自由に歩める方向を考えていきましょう。そうすることでお子さんに与える影響も自然に変化していきます。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです