ce66ce1c15972646b666f633d2dab4d1_s
あなたが築いてきたつきあいにはどんなものがありますか?
・ 学生時代からの友だち
・ 趣味の友だち
・ 職場で気の合う人
・ サークルつながり
・ ママ友
…などなど関係はいろいろあります。

つながりの種類はさまざまなのですが、人間関係で悩みを持つ人の傾向の一つに「特定の関係においてのみつきあいを深める」ということがあります。

例えば、つきあいと呼べるのは
・ 職場関係の人だけ
・ ママ友だけ
・ 学生時代からの友人だけ
・ ご近所さんだけ
・ 夫(恋人)だけ

このような一極集中型の関わり方をしている人は、そのつきあいにトラブルが発生すると、それは人との関わり全てがうまくいかなくなったことを意味します。関係がうまくいっている時は親密になり話は盛り上がります。しかし一旦関係にヒビが入ると、親密だった分、修復が難しいこともあります。

居場所を複数もっておくことのメリット

一極集中型のつきあいには危険が伴うことも考え、関係を分散させておくことが大切です。

具体的に言うと、、
職場・ママ友・学びの場・学生時代の友人など、関わりの場を複数持っておくということです。そうすると、一つのつきあいの場が少しくらいトラブっても衝撃は比較的軽く、追い詰められた気分になることも少なくて済みます。

また、一つの交友関係がうまくいかなくても、他の場でうまくいっているならトラブルの原因が自分だけにないかもしれないのです。必要以上に自分を責めたり、落ち込んだりする必要も少なくなるわけです。
逆に全ての場でうまくいかないのなら、自身に問題を抱えているかもしれない…と自己を振り返る考きっかけにもなります。このように居場所をいくつかもっていることで、心にも余裕が生まれます。

個としてのつきあい

昔とは違い、結婚しても女性が個人としてのつきあいを広げていく機会はどんどん多くなります。
ご近所、ママ友以外に職場・趣味・学びの場…と歳を重ねつつ楽しみながら成長しあえる交友関係に意識を向けることが人生の豊かさへの鍵となります。

独身の方、ご夫婦だけの方、子育て真っ最中の方、どんな人生の途中であっても「分散型の人づきあい」は有効です。このことを心がけ、周囲への働きかけを少し変えてみるだけで、人間関係の広がりが期待できます。

何か興味を持ったものがあれば、そこには必ず人間関係がついてきます。少し勇気を出して、とりあえず参加してみるのはどうでしょう。 あなたの気持ち次第で居場所は広がります。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです