友だち
友だちが欲しい。
たくさんは要らない。
気持ちを分かち合える…ほんの数人でいい。
 飾らずに
 思ったことを
 思ったように口にできる間柄。

そんな関係の友だちが居たら
人生の歩みも違ってくるでしょう。

社会人になってから友だちをつくるのは難しいと言う人は多いです。
学生時代は毎日同じ所で顔を合わせ同じことをして過ごすため、自然に慣れて、その中で友だちがつくれます。

ただ、飾らず、思いを分かち合える友だち…となるとどうでしょう?
学生時代でも難しかったりします。

思いを分かち合うにも
 楽しい思い
 沈んだ思い
さまざまな心模様があります。

どちらかと言えばポジティブな思いは人を選ばず表現しやすいです。
一方、ネガティブな気持ちは誰にでも言えるものではなく相手を選びます。

多くの人が
 寂しいな
 つらいな
 苦しいな
…そんな、表現しにくい感情も分かち合えるような友だちを求めています。

出会ってすぐ意気投合することもあるかもしれませんが、
実際は少ないでしょう。

初めは、相手との距離感をはかりながら
お互い差しさわりない話題からスタートします。
そして
共通点をみつけられると
それをきっかけに、少しプライベートに触れる話に移っていけます。

いきなりディープでプライベートな話をする人は少し注意が必要です。
逆に
いつまでたっても差しさわりの無い話しかしない人には親密さを求めるのは難しです。

話しを進めるにも相手がどんな人か少し見極めも大切です。
ここが難しいところでもあります。
そうは言っても、浅い付き合いの中でも自然に伝わってくるものがあります。

個人的な話題でなくても間接的な言動などです。
たとえば、
 ・ドアを開け、入った後の後方を気遣う感じ
 ・店員さんへの声のかけ方
 ・お金の渡し方
 ・物の置き方
・好きな本、映画
 ・さりげなく口にした何かの感想…etc

これらによって
その人のモノの見方や人生の姿勢が垣間見えることがあります。
良い悪いではなく、
波長が合う合わないを感じ取ることが距離感を定める手がかりになります。

同じ言動でも
 大雑把と感じるか?
 サッパリした性格だと感じるか?
これは受けたあなたの感じ方次第です。

他の誰かの感覚を頼りにする必要はなく、
自分の感覚で心地良いか悪いかを感じ取ってみることが大切です。

初対面はいいけど、その後が難しい

よく知り合えてない初めの頃はいい。
でも、数回会って話しがふかまるにつれて困る…という人がいます。

・経験が少なく、何も話すことが浮かばない
・相手の喜ぶような話を持っていない
・意見を求められても上手く応えられない
…こんなふうに思っていると会う回数を重ねるのが苦痛になります。

このような人は
相手が自分のことをどう思うか?
こんなこと言うとどんなふうに思われるか?
…など、相手の顔色をうかがうことが多く、周囲からの評価が気になって仕方がない…という傾向が強いです。

本当は経験が少ないのではなく
どんな体験をしている最中も周囲からの評価が気になり、その時の湧き上がる感覚を感じ取れず、体験しているにも関わらず、それが経験になっていないのです。
経験は、「体験」に「湧き上がる思い」がくっついて、その思いによって自分を知り、自分の感覚が育ち、それが重なったものです。

20歳でも経験を感じさせる人も居れば
50歳でも自分のことを空っぽだと感じる人もいます。

経験は、自分の感覚をキャッチできれば自然に増えていきます。特別なことをする必要はありません。なぜなら、自分次第で日々の中に自分を感じ取るシーンはいくらでもあるからです。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです