女友だち
必要以上に気をつかわず、豊かで自由な人間関係を築いていきたい!

それなのに、自分を抑えすぎて話せなくなったり、逆に強く言い過ぎて後悔したという経験はありませんか?

相手に思いを伝えるのって難しい…と苦手意識を持つ人は多いと思います。しかし、思うように伝えられないのは、性格のせいではなく単に適切な表現方法を学べていないだけなのかもしれません。

私たちは学校で敬語や謙譲語は学びましたが、心地よい人間関係が適度に築ける表現方法は習ってこなかったように思います。特に日本の文化は「相手の立場に立つ」という相手を大事にすることは教えられてきましたが、自分を大切にしながら適度に表現することは後回しにされてきました。そのため「察する文化」と呼ばれる日本人の関わりの姿勢は、相手の思いを「察してあげなければ・・・」、また自分の気持ちは「見ればわかるでしょ。言わなくてもわかってよ!」という思いを抱きがちなものです。

髪色、肌の色が同じの単一人種だけで過ごしてきた時代が長かった私たちは外見の「みんな同じ」を思考にも当てはめ相手も同じ考えなのだ…と思いがちになったようです。しかし、世界の情報が瞬時にキャッチできる現在、人々の有り様も多様化しています。そこで「相手と自分は違うということを前提にする」・・・という思考でもの事を捉えることができるとグン!と生きやすくなります。

さて、ここからが本題の自己表現についてです。
適切な表現方法を知らないまたは、知っているけど活用していないならコレを機にトライしてみましょう。

アサーティブな自己表現

自分も相手も大切にする自己表現として、「アサーション(アサーティブな表現方法)」と呼ばれるものがあります。読みやすい書籍も出版され、ずいぶん広まってきていると思います。ただ、「知っている」に留まって、実生活の中で活用できていない人が多いのではないか?という感じもします。

表現には、大きく3タイプあります。
アサーション

(1)受身的(非主張的)
  相手を優先して自分は我慢する
(2)攻撃的
  自分を優先して相手を責めるように表現する
(3)受身攻撃的
  表面的(言葉上)にうまくつくろいながらも、嫌味や皮肉という形で責める
(4)アサーティブ(相手も自分も大切にする)な自己表現
  相手の立場や思いも考えながら、自分の思いも大切に誠実に伝える表現

1つ例をご紹介します。

A子さんは、久しぶりにレストランでステーキを食べようと楽しみにレストランへ出かけました。焼き加減はミディアムレアで注文しました。しかし、運ばれてきたのはよく焼けたウェルダンだったのです。
その時のA子さんの反応を3タイプで比較してみましょう。

(1)受身的
「私、ミディアムレアを注文したのに。これ、違うわ。」と心の中でつぶやきながら、それでも我慢してそのステーキを食べました。
(2)攻撃的
「私、こんなの頼んでないわ!楽しみに待ってたのに!」 ・・・ヽ(`Д´#)ノ

(3)アサーティブ
「私、ミディアムレアを注文したんですが…。(=事実)交換してもらえますか?(=希望)」

上記はとても単純な例で、こんな場合(3)の表現を使える人も多いと思います。しかし、時と場合によっては、つい我慢したり、逆に言いすぎたりというケースがあります。

それでは、(1)と(2)は(3)の適切な表現と何がどう違うのでしょうか?

(1)の場合、言いたいことを我慢することでその場は何事もないように見えますが、自分の心の中には不満が残っています。その場に波風を立てたくない、雰囲気を壊しなくない、など周囲のことを考えてのことかもしれませんが、本人は満たされないままです。
(2)の場合、怒りに任せて表現してしまい、言い過ぎを後悔したり相手を萎縮させることも考えられます。

(3)の場合は、怒りをぶつけるのではなく、まず事実を伝えます。そしてその後に自分の希望を伝えます。

なぜこんなふうに素直に伝えられるのでしょう?     

それは相手を責めることなく伝えているからなのです。

「間違ったあなたが悪い」と相手の責任を追及しているのではなく、間違いだった事象だけに焦点をあてて、その事柄のみを相手に伝えています。責めていないので、表現することへの後ろめたさがない、もしくは少なくてすみます。

(3)のアサーティブな表現は、爽やかだし、後味もスッキリすると思いませんか?もちろん、状況によってはアサーティブな表現を使わないという選択もあります。しかし、その時はあなた自身が「思いを伝えない」ことを選んだ…ということに納得し、思いを引きずらないでいられることが大切です。

では、普段の生活の中で具体的にどんなふうに表現すればいいのでしょうか?
↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
是非、「アイメッセージ」のページをご覧下さい(‘-^*)/

【参考書籍】

図解 自分の気持ちをきちんと「伝える」技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ
アサーショントレーニング―さわやかな「自己表現」のために

 

 


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです