image

怖い顔してる….って、言われたことはありませんか?
何も考えていない時
逆に何かを考えている時
怒っているわけではないけれど真顔になっていて周囲からは怒っているようにみられたこと。

丸顔や童顔…など可愛らしいお顔の人は、真顔でも怒ってるようにみえにくく、一方、生まれつきシャープな顔立ちやキリッとした印象の方は普通にしているつもりでも怒っているように見られることがあります。

もしあなたが後者の「怒っているように見られがちな顔立ち」なら少し意識するだけで初対面の印象がかわります。
…というのも
初対面は当然ですがお互いに相手のことがよくわかっていません。どんなに優しく誠実な人でも初めは見た目から伝わる印象が全てです。
本当は親切で優しい人なのに、最初に怖い印象を与えてしまっていてはもったいないです。
必要以上に腰を低くくすることはありませんし、相手に取り入ることもありませんが、「敵意を向けない安全な私」を自然な形で伝えることができると、その場に心地よい空気が流れます。それなら意識するのも悪くはない…程度のことです。

感情的発言場面での印象度

下記は感情的に発言した時に人に与える印象度です。普通にしている時の発言はここまでの差はないにしても視覚情報はやはり大きいのです。

視覚情報(見た目・表情・視線・しぐさ・ジェスチャー)⇒55%
聴覚情報(声のトーン・速さ・大きさ・口調)⇒38%
言語情報(言葉そのものの意味・話の内容)⇒7%

当たり前だけど忘れがちな笑みの効果

気心が知れた相手には真顔でも怒ってないと分かってもらえますが初対面では難しいです。
少し柔らかめの表情をするだけで第一印象が柔らかくなります。ニヤニヤするのは違和感をもたれますが、少し口角を上げ笑みを浮かべると自然な感じになります。

笑みは相手を好意的に受け容れ、敵意をもってないことを示してくれる簡単で便利なコミュニケーションツールです。わかっているようで人と対面している時は自分で自分の顔は見えていません。意識していることは必要です。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです