過去はかえられない?
「過去と他人は変えられない」と言います。
確かに客観的事実としての過去は変えられません。

そこで
こちらでは、「過去が変わった!」と思えるような思考法をお伝えします。

私たちは、起きた出来事をありのまま捉えているのではなく、自分なりに解釈し記憶に留めています。この一貫した解釈(思い込み)によって出来上がるストーリーのことを“自己物語”と呼びます。

人は
「良くない出来事をたびたび経験する私は不幸」
「幸せなことばかり起こるあの人は幸せ」
…とこんなふうに結び付けてしまいがちです。

しかし、1996年にこんな報告がされています。

ネガティブな経験と現在の幸・不幸は必ずしも関係しないということ。
私たちの気分は過去をどのように想い出すかによって影響されます。そして、過去をどう捉えるかについては、「今ここ」の心の状態が反映されているということを意味します。

つまり、現在の気分が過去への想いに大きく影響を与えているということです。

また、客観的事実としての現在…というよりもあなたが「今」をどう捉えているかが過去への記憶を変え、ひいては未来をも変えてしまいます。

一昔前「自分探し」という言葉が流行りました。しかし、不確かでつかみきれない自分を探すより、「自己物語」がどう創り出されたかを探ることの方が真の自分が見つかりやすいかもしれません。

過去は過去でしかない

ネガティブな影響を受け落ち込み続けるか、解釈を変え光に続く未来を創るか
・・・これはあなたの選択です。

また、あなたの言動は日々単なる思い付きで起こされているのではなく、自己物語によってできた過去の解釈と未来予期によって明確に表されるものなのです。

あなたの人生は客観的事実によりつくられているのではなく、あなたの心の中の事実によって成り立っています。心の中の事実は、あなたの見方によるもので、あなたにしか変えることができません。
過去をひきずり、過去に縛られ、「今ここ」を生きられていないと感じているなら、自己物語について見直す方に目を向けてみませんか?

今後たどる道に光を見出すためにはどうすれば良いか?という志向で「今ここ」に生きることで、過去は確実に変化します。

ネガティブな影響を受けるものの捉え方については下記のページに記載があります。
認知の歪み


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです