20150622
「投げた影」とも読めるこの「投影(とうえい)」によって私たちの生活、人生が出来上がっていると表現しても過言ではありません。意味は、自分以外のものに自分の影(見たくない部分)が映っている…と捉えると分かりやすいです。今、辛い思いを抱えておられるなら下記の解説を読まれ、あなた自身を知る手がかりになさってください。

例えば、

① 活発に意見をいうAさんを前にして
 Bさん:歯切れの良い発言は気持ちいいなぁ…と感じる
 Cさん:ハッキリものを言いすぎよ!感じ悪いわ…と思う

【解説】
これは、Cさん自身が意見をハッキリ伝えることが難しい状態が伺えます。意志を発言できないことにコンプレックスを持っていて、その現状にはがゆさをを抱えているとしたら…。本当はAさんにうらやましさを覚えているかもしれないのです。その心の底の部分が「感じ悪い」という思いとなって現れているようです。

② 飲み会の誘いが多くて…というAさんに対して
 Bさん:そうなんだ、お誘いの多い方なんだ…と感じる
 Cさん:友だち多いって思われたいの?…と思う

【解説】
Cさんは対人関係がうまくいかず友人が少なく、ほとんど誘いがない…としたら、Aさんをうらやましく皮肉った受け止め方になってしまうこともあります。

他人に映る自分

同じシチュエーションなのに人によって受け取り方が違ったりします。これはその人の内面が相手の発言によって映し出された結果です。

上記のことから、相手の言動は問題ではないとわかります。それは、受け取るこちら側の状態が相手の発言によって引き出されているだけだからです。

「自分ひとりでは自分はわからない」…という意味はここから来ているのかもしれません。他者との関わりによって自分の状態を知ることになるのですから、相手の反応もさることながら、相手に対する自分の反応を意識することは大切です。「自分の状態」の中でも「影」の部分(自分が見たくない部分)が映し出されているとしたら目をそらし続けていることで成長がストップします。

人は自分が「強く思っていること」「こだわっていること」はとても重要であり、これが投影につながっているともいえます。私たちの生活はこれらの「投影」で出来上がっているのです。
あなたの投影はどんな形でサインを送ってくれていますか?自己成長の気づきとして投影を意識してみましょう。


>> 筆者のホームページ

この記事がお役に立ちましたら
下の女の子と猫をクリック!…お願い致します。
応援うれしいです