大人の発達障害(凸凹)への当ルームの姿勢

私って、他の人と違う…と物心ついた時からそう感じている。
でも、それが具体的に何なのかわからない…と周囲とのズレを感じながら歩んできた道。

自分のことは自分でできるし、仕事だってしている。child-16
でも、いつの頃からか何だか人と違う。

check_icon2 人間関係がうまくいかない
check_icon2 仕事が思うようにいかない
check_icon2 転職が多い
check_icon2 人が離れていくような気がする

など、日常生活にすごく不自由しているわけではないけれど、人生の歩みという点では足取りが重い。
生きづらい感覚がぬぐえない…という方の中に大人の軽度発達障害を疑われる方がいらっしゃいます。

当ルームでは、障害(凸凹)の有無に関わらず、その方の「困り感」をお聴きし、一緒に考え、生きやすさに繋がるお手伝いしたい…というスタンス(姿勢)でいます。

ただ、発達障害の傾向がある場合、本人の努力ではどうしても乗り切れない現実もあります。
そこの部分をいかに工夫すればいいかを知ることで人間関係がうまく築け、社会に軽やかに適応していける可能性は広がります。ひとりで悩んでおられるようなら一度、当ルームをノックしてください>>>