カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

片づけは捨てることじゃないんだ

time 2019/06/19

片づけは捨てることじゃないんだ
片づけと言えば断捨離がブームになってずいぶんになります。
家がキレイで、突然お客さんが来ても
「入って、入って〜♪」
と言える家だといいんだけど。

それを実現するには
まず要らないものを捨てなければ・・・と、
思うのですがなかなかです。

書籍でbefore・afterを観て
一瞬やってみようと思うももの
結局は中途半端に終わっています。

そんな私が先日
「定年前に始める生前整理」と銘打ったセミナーを受講しました。
講師は「生前整理」という言葉を作った古堅純子氏です。
有名な方のようですが、私は知りませんでした。

この方は片付けの先生ながら、捨てることを薦めない人です。
断捨離がブームになって久しく、多くの人が物をどう減らそうか・・・と悩む中
捨てなくていい?っておっしゃる。

古堅氏いわく
片づけは何を残すかを決める行為!
モノを減らすことを目的にしては
片づけが終わるまでのモチベーションは続かない
だって、モノは捨てるためではなく、使うためにあるんだもん!
….と。

セミナーの中で心に残ったフレーズは
↓↓↓↓↓
『片づけには夢と希望が必要!』

夢と希望とは
「片付けた後、何がしたいか?」の答えのこと。

そしてもう一つ
私の心を掴んだフレーズ
『役に立たないものでも、
その存在が自分をワクワクさせてくれるなら
捨てなくてもよい』

断捨離、断捨離・・・と
昨年300冊の本を捨ててしまったけれど
実のところ私は
読み終わった本でも、本棚に並んでるだけで気分がいいのです。
部屋の中で、立ち読みするのが好きなんです。
嗚呼、後悔。。。
本はもう捨てない!

片づけの意識が変わった〜

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

人間関係

犬との暮らし

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

2019年11月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930