カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

親という蜘蛛の巣ぶっちぎってみよう

time 2015/07/06

親という蜘蛛の巣ぶっちぎってみよう

電車内で聞こえてきた会話。

A:美大行きたいって言うねん
ちょっとイラスト描ける程度やで
B:そうなんやぁ
A:そんなとこ出たって就職ないやん
B:う~ん
むずかしいんかなぁ
A:夢では食べられヘンねん

受験生のお母さんなのでしょうねぇ。
実情なのかもしれないけど。。。

「夢があるっていいやん!」ってツッコミそうになりました。

終身雇用制は崩壊しつつあるし
銀行だって潰れるし
何が安定の道か?なんてわからないし
幸せの形は人それぞれだというのに
こういうことを言う親がまだ居るのだ。
いやいやまだまだ多いのかも。。。。

どこの国だったか
大学入学の平均年齢が29歳ってところがあります。

本当に学びたいことが見つかってからの入学。
あぁ~
本当に有意義な学びだろうなぁ。

この歳には
このくらいのことができてないと…って感じで
人生を歩むの?

世間の目や
親が敷くレールなんてお構いなしに歩いてほしい
母が張り巡らせた蜘蛛の巣の糸をぶっち切り
我が人生は自分で掴み取れ…って
若者にはエールを送りたいなぁ。

注意して歩いていてもコケるし
傷つくけど
知らない内に自分だって
誰かを傷つけてることもあるし。。。

親が満足する大学よりも
そんな経験のほうがよっぽど大事なように思う。
だから
結果が失敗につながったとしても
親に任せず自分で選択たのなら
それでヨシ!
コケ甲斐もあるってもんだ。

こんなことをいいながら
うちの娘がうまく育っているか…というとそうでもない。

娘は娘の道。
母は母の道。
…と割り切りの道を歩んでいます。

子どもをペット化している母は子育てがしんどい。
でも、子どもを自律(自立)させようとする母はもっとしんどくて苦しかったりする。

でも後者のほう永くなくてすむかな…。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

人間関係

犬との暮らし

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

2019年12月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031