カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

「言いたい者には言わしておけばいい」と収められない心情が込められた示唆

time 2017/02/03

「言いたい者には言わしておけばいい」と収められない心情が込められた示唆

歴史上、類を見ないほど見識が問われる時代が今。

誰もが発信可能で
その情報の質の良し悪しが計りづらくなっています。

誤った情報で深く傷ついた心情が語られた羽生善治棋士の妻・羽生理恵さんのツイッターを読み入りました。

ネットに流された情報は誤ったものでも削除は難しく、流された人は人生まで狂わされるような傷つきを感じます。

すべての人が情報リテラシー(情報を使いこなす能力)を持つのは難しいです。
出来事の一部だけをフォーカスすることで真意とは違った内容がデフォルメされ受け手に渡ってしまう。….と言うより、発信者に悪意があれば意図的にコレがなされる可能性も大きいです。

それを前提に
コトの真相はできる限り一部始終を入手しないと悪意の第三者に捻じ曲げられている可能性は否めないということ。誰氏も独自のフィルター(捉え方・色眼鏡)を持っています。その前提をすっ飛ばして全ての情報を真に受けていると知らないうちにこちら側も毒されてしまう…と感じた一件でした。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

ワークショップ

中年の季節

人間関係

カウンセラーの紹介

足立 かよ子

足立 かよ子

気づきを拾いながらの日々、忘れてしまいそうなことも誰かと分かち合えることで豊かな生き方につながれば…という思いで綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031