カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

「自分を生きる」ということ

time 2015/06/22

「自分を生きる」ということ

「自分を生きる」
これは、当ルーム(カウンセリングルームREBORN)が相談者に願っている生きる姿勢です。

これまで、ルームの姿勢を表すフレーズとして「納得できる一歩を応援する」と謳ってきました。
私の姿勢を示すものとしてできるだけわかりやすいものを…と考えながら「自分らしく」をサイトに表示したこともあったのですが、この度『「自分を生きる」をサポートする』に改めました。
これは来談される方から聴く「私は自分を生きれていない」という表現からヒントを得たものです。自分らしく人生を歩みたいと思いつつなかなかうまくいかない状態を口にされたこのフレーズから伝わりやすい…と判断しました。

強く願いながらも、歳を重ねるごとにしがらみも多くなり、自分らしく生きることが難しくなります。
それでも人生をあきらめず進もうとする方たちとの出逢いを大切にしていきたいと心を新たにしています。

▼このキャッチフレーズについてはコチラでお伝えしています。
生きる

▼こころの辞書の更新タイトルはこちらです。

・自分を知る方法(投影)
・「馬鹿にされている」と感じてしまう時
・中年の分別
・中年の危機とは
・自己実現とは
・人生の中のニーズと欲求
・自信を育てるには

▼こころの辞書はこちらをクリックしてください。
こころの辞書サイドバナー

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ワークショップ

中年の季節

カウンセラーの紹介

足立 かよ子

足立 かよ子

気づきを拾いながらの日々、忘れてしまいそうなことも誰かと分かち合えることで豊かな生き方につながれば…という思いで綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031