カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

人生と向き合うことを避けたい人にはカウンセリングは苦痛です

time 2017/02/16

人生と向き合うことを避けたい人にはカウンセリングは苦痛です

「この方はこのカウンセリングを苦痛に感じてるだろうなぁ」と想うことがあります。

職場で受けさせられるキャリアカウンセリングに臨む方たちの中で

「悩み?特にありません。」
「したい事?特にありません」
「帰宅後?テレビを観てるかゲームをしています」
「趣味?特にありません」
「人に会うのも面倒です。

こんな答えが返ってくることがあります。
どんな気持ちで過ごしていようと
毎日出勤していれば収入は得られるし
別段困ったことが起きるわけではない。

キャリアカウンセリングは悩みを話すというより
ワークキャリア、ライフキャリアという視点から
自分を振り返り、心の整理にあてることも多いです。
それは生きる姿勢を客観的に観る時間になります。

そんな中で弱点を並べる方もいます。

しかし、そんな弱みを強みに変換するキッカケになるような問いかけを続けるのがカウンセリングでもあるのですが、「何も考えたくない」姿勢を示される方には問いかけを続けること自体が難しかったりします。

生活の安定を最重要に生きていると感じられる人は
本当のところ
あきらめや後悔が巣くった仮の安定でしかないのではないか?
そんな風に感じることがあります。
挑戦や冒険、飛躍や達成より日々変わらぬ毎日の最優先。

一方、このような方と同じ職場に居ても違った趣の方もおられます。
例えば
後輩からの質問にわかりやすく応えるにはどうすればいいのか?など自分なりの工夫を考えながら仕事をしている人は全く違った雰囲気が伝わってきます。
日々同じことの繰り返しで一見カンタンに見える仕事内容でも、工夫する気持ちが生む態度はイキイキしています。

まなざしが違う
話し方が違う
微笑みが素敵
…など醸し出される雰囲気が違っているのです。

30年ほど前のことですが、
仕事が見つかるまでしていたバイトで腐りそうになるルーティンワークの中、イキイキ仕事をこなす先輩がいました。受付の仕事だったのですが、同じように並んで座る私には声がかからず、その先輩は人が吸い寄せられるように来ていました。
今は、わかります。
そうなるのは当然だと。。。

今日も訪問カウンセリングです。
どんな方とお会いできるのかしら?
楽しみに出発します♪

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

ワークショップ

中年の季節

人間関係

カウンセラーの紹介

足立 かよ子

足立 かよ子

気づきを拾いながらの日々、忘れてしまいそうなことも誰かと分かち合えることで豊かな生き方につながれば…という思いで綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031