カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

『“便利” が “当然”』に感謝の気持ちは遠ざかる

time 2017/03/03

『“便利” が “当然”』に感謝の気持ちは遠ざかる

注文したものが翌日届く。
初めは驚いていたのに
最近は即日届くことも定着してきました。

これを異常だと感じていた私。

でも、時間を指定しておきながら
それを忘れて不在のことがありました。
でも「再配達」をお願いすればいいか。
いや、お願いしなくても来てくれるし
…なんて思っていたのも私。

便利さが当たり前になり
感謝の気持ちが薄くなっていました。

再配達してくれた方には
「すいません、何度も…」と頭を下げる。
謝るくらいなら、ちゃんと居ろよ!
…と心の中で自分にツッコミを入れる。

ヤマト運輸は、
ドライバーの労働環境の改善に向けて、
時間帯指定の配達を見直す方針を固めた
…というニュースに
「そらそうよ。そうしてあげて」と
心から思いました。
サービスの質が後退したと感じる人が居るかもしれない。
でも、私はイイと思う。
そうするべきだと思う。

指定した時間に届くのは確かに便利。
でも、
その陰で大変な思いをしている人のことを
考える心の余裕や優しさは忘れたくないですから。
それに何より配達してくれている人の心身の安全が第一!

便利はもちろん有り難い。
でも便利過ぎる事って
そんなに必要ないんじゃないかと思う。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

ワークショップ

中年の季節

人間関係

カウンセラーの紹介

足立 かよ子

足立 かよ子

気づきを拾いながらの日々、忘れてしまいそうなことも誰かと分かち合えることで豊かな生き方につながれば…という思いで綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031