カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

人の顔色をみるようになったのはなぜ?…私の場合

time 2015/06/11

人の顔色をみるようになったのはなぜ?…私の場合

「あなたの思うようにしなさい」と選択を任され
思うようにして母の希望にそぐわなかった時
後でとても嫌な雰囲気が流れる。
なんとも言いようのない気分の悪さ。
自分の欲求に従っただけなのに。。。

私が母の期待を破る言動をした時
その事態は起こる。

今はその仕組みがちゃんとわかっているから
嫌な気分をひきずらない。
その罠にはハマらない。

でも、
子どもの頃はそんな嫌な雰囲気に包まれたくない。
言いようのない気分をどう振り払ってよいかわからない。
自分が悪かったのだ…という収束の仕方しか知らない。

だから、相手がどうしたら気分よく居てくれるかを察知するようになる。
適度な察知なら適応の範囲に留まる。
でも、自分の欲求をただただ抑えてる…としたらどうだろう?

期待に副わなかったとわかったときの
気分の悪さはおとなになっても変わらない。
でも、こうなる心の仕組みがわかるようになると
自分を責めなくていい。
わかり合える人に話して
元の自分の生活に戻る。

これは意識して慣れる
そして適度に切り抜けるしかないんだろうなぁ。
これからも続くだろうから。。。。

★こころの辞書の更新履歴
06/09 :人に頼ることができない
06/08 :自分で決めないと、自分がわからなくなる
06/05 :今、気分を変えたい人へ

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

ワークショップ

中年の季節

人生

自己表現

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930