カウンセラーの気づき一雫(ひとしずく)

カウンセラーの聴く姿勢

time 2017/08/16

カウンセラーの聴く姿勢

いつ頃からか
被写体より背景に目が行くことが多くなりました。

SNSなどで発信される
生活の一コマが切り取られた画像など
撮る側も意図しない周辺に情報が
詰まっていることが多いです。

語りもそれに似ているなぁと感じます。

なぜ語られないのだろう?
…とこちらが感じるところに
多くの思いが詰まっているのです。

クライエントさんのお話しをお聴きする時に姿勢として

「漂うように聴く」
…これは
心理学者 故・河合隼雄さんが言われたことです。
難しい聴き方です。
カウンセラーは
もれなく聴きたいという思いから
いっしょう懸命に聴いてしまう。
そうすると、
自分の意識の方向にある内容に集中して
偏りがある聴き方になってしまうのです。

ぼんやり聴くわけではないけれど
眺めるように
漂うように
でも、しっかり聴き留める。
私が大切に意識し続ける姿勢です。

記事がお役に立ちましたら
クリック↓↓をお願い致します。
応援うれしいです ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




おすすめの本

カウンセリング

コミュニケーション

ワークショップ

ブログについて

足立 かよ子

足立 かよ子

Twitterで発信した内容の補足や解説です。文字数制限されているツィートでは書ききれなかったことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。 [詳細]

ブログ更新をお知らせします

メールアドレスを入力するとメールで更新通知を受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930